女神召喚。

なんつぅかね、いろいろコンテンツで書かなければいけないものがたまってきて、何がなんだかわけが分からなくなってきた…
ひとつずつ、かたづけていこ~そうしよ~。

*********************
[召喚イベント 前回までのあらすじ]
ある日、ぼ~っと空を見ていた楓。
その時急に、北海道のことを思い出す(それまで忘れていた)
そして、北海道の職場にいる先輩、マドンナに会いたいと猛烈に思った楓は
黒猫を召喚して航空券を送りつける。
突如として航空券が飛んできた彼女は、大阪にたどり着いたのだが・・・?
*********************


3月4日。
確か朝10時の待ち合わせ。

…はい。ものの見事に寝坊しました(汗)
かる~く言い訳をすると、もともと病気にて朝起きることができない僕。目覚ましをぶっちぎって華麗な寝坊を披露。
そしてマドンナ。
…これは泊まっていただいた部屋が悪かった(汗)
僕が、日常暮らしている部屋にお泊り頂いたのです。
この部屋は、僕の睡眠を妨げないよう最大限の工夫がされています。モチロン日光なんて差しませんし、音もほとんど聞こえない、つまり健常者であれど目覚ましを鳴らさなければ起きるのは不可能、っつぅ部屋です(死)そして最大の難点は、そのことをマドンナに伝え忘れていたことだな(即死)

10時10分前。僕起床。
そしてその足でマドンナを起こしに行く(笑)
10時。
女神の車に乗った、旦那が到着。
「女神の車、とりあえず駐車場に入れて!!!」と怒鳴る僕。

女神。
一番なんて紹介するのがもってこいなんでしょう。
でも、酔っ払うと皆さんに「女神!」って紹介してしまうので、これが一番なのかなぁ。本人様代案ないっすか?
僕と旦那の共通の親友で松下新人研修17班の女神。何故か僕や旦那の企画するさまざまなことに巻き込まれる運命の元に、けなげにがんばってます(笑)
本日はお二人とも、寮からお越しのようですね。

女神と旦那が家の中に入ったところで、元気に朝食た~いむ!!
女神・旦那「もう僕たち、朝ごはん食べましたけど」
楓「やかましい
ってな感じで、なごやかに?朝食がスタートします。
朝食に関しては、僕が起きられないので必ず母が作ります。安全なものを食べたい方は、朝にお越しになることをお勧めします(笑)

11時過ぎ、ようやく腹ごしらえした4人(正確には2人)は、本日どこに行くか会議開始。
旦那「あのさぁ!?京都とかどう?寺社めぐりとかめっちゃ歩きたいんだけど!!!
…あの。
僕、病気なんですけど。
貴方、そこらへん分かってます?
僕が倒れたらどうしてくれるんですか?
という冷たい視線を浴びせかけて旦那案を却下。

楓「はいはい!!神戸に行きたいです!」
女神「神戸に行って何するの」
楓「オルゴール聴きたい!!!」

…ということで、めでたく出発地決定。
ゲストの意見聞いたのかお前ら、という質問はこのさい却下します(ぉぃ)

目指せ六甲、Hall of Halls!!
[PR]
by kaede-cogito | 2006-03-04 12:51 | 戯言 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://coneko.exblog.jp/tb/3347507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 魔法とオルガネッタ マドンナ召喚 その2 >>