冬の怖い話

今日、最寄駅で降りたら、女子会帰りの集団とすれちがった。
一人の女性は電話越しに「今日、怖ぁい話で盛り上がってさぁ」と楽しそうに話している。
しかし、私は女性群の後ろで、コンビニのゴミ箱に向って、いわゆる「おひかりさま」(手をかざして何事かブツブツ言っている)人を見た。
君達、後ろを振り返ってごらん、多分今日の話の10倍は怖い思いが出来るよ、と心の中で言ってみた。

そのコンビニで夕飯に焼き鳥を買って外に出ると、まだ「おひかりさま」がいた。

まだやってるよと思い背を向けて歩き出した20秒後。

いきなり走ってくる足音が聞こえた!!

まじかよ。

とりあえず少し走ってマージンを確保し振り返る。勢いでカバンを当ててやろうとも思っていたら。

コンビニの店員さんだった。
「お客様!串を一本いれ忘れていました!すみません!」


、、、もう寝ます、、、
[PR]
by kaede-cogito | 2011-11-28 22:15 | 戯言 | Comments(0)
<< 気管支炎 愛娘K、ハチミツケーキを焼いてもらう >>